04
今期最も注目を集めているアニメといえばガンダムではないだろうか。
各所で第1話が高評価な点を見ると見事期待に応えた形にはなるだろう。

三日月とオルガの歪んだ絆?

主人公でありガンダムバルバトスのパイロットである三日月はよくある俺tueeeee系主人公とは少し異なる。
幼馴染? であるオルガに”次”は何をすればいいか、と問いかけるシーンがやけに強調された、いわば自分というものがない空虚系主人公である。
クールとはまた違ったところも注目したい点の一つだろう。まるで人としての感情を失ってしまっているようなキャラクターだ。
タイトル”鉄と血と”が示す通り、三日月が最後に血を流すシーンは印象的でこれは一体何を意味しているのだろうか、などと少し勘ぐってしまうような第1話だった。

敵は何か? 火星に配備された民間軍事会社の謎

CGSという民間軍事会社に所属する主人公たち。しかし彼らは一体何と戦い、どこに需要が生まれているのかといった背景までは第1話で掴むことはできなかった。
しかしそのCGSも第1話でほぼ解体されてしまったようなものなので今後この設定を生かす場面などはないのでは、とも思う。
“火星”の民間軍事会社の少年兵たちが”火星”の独立運動に関わる少女という”大義名分”を手に入れてさあどうする、といったところだろうか。
ここではない本当の居場所を求めたオルガと三日月、クーデリアの出会いは必然だったと言えるのかもしれない。
ギャラルホルンや地球との決戦に期待?

第2話の重要性

第1話でかなり期待度が上がったオルフェンズ。次の展開次第では早々に今期覇権を握れそうな気もするが?
そんなわけで今後の展開に超期待!!

Comments

comments