img01

外国人観光客向けゲストハウス『痛部屋』が東京・麻布十番に登場!

株式会社SO-ZO(代表取締役社長:王冉、本社:東京都港区)は、東京・麻布十番の外国人観光客向けゲストハウスの依頼で館内の一室を『痛部屋』化、7月27日(月)より公開いたします。(株式会社SO-ZO公式サイトより)
img02

『痛部屋』のデザイナーには、国内外で広く支持されているイラストレーター・タカハシヒロユキさんを起用

タカハシヒロユキさんのコメント

「マンガやアニメを通じて日本と海外が繋がるイメージで描きました。細かいモチーフやカラフルな色は、日本らしいと思います。アニメやマンガなどをきっかけに日本に興味がわいて、文化が広がっていくことを願っています。」

壁や天井はもちろん、柱やカーテン、さらにはベッドまで?!

img03
img04
イラストは部屋の至るところに施され『クールジャパン』を体感することが出来るかも・・・?

宿泊プランはツインルーム一泊7,800円、予約はこちらから受け付けているそうです。
この夏のちょっと変わった思い出作りに『痛部屋』体験、してみてはいかがでしょうか。

Comments

comments