40年以上の制作活動をたどる『メカニックデザイナー 大河原邦男展』が、
東京・上野の森美術館で2015年8月8日(土)から9月27日(日)まで開催されます。

img02

大河原邦男とは

SFアニメ『科学忍者隊ガッチャマン』でメカデザイナーとしてデビュー。
「タイムボカンシリーズ」「機動戦士ガンダム」「装甲騎兵ボトムズ」など、
様々な名作アニメーションに登場する数々のロボットデザインを手掛けた日本初のメカニックデザイナーです。
その活動内容はアニメに限らず、工業メーカーや自治体などにもデザインを提供している。

カラーイラストやアニメの設定資料など約500点を一挙に展示し、
B2サイズ6枚が屏風のように連なり、縦約72cm、横幅は約3mにも及ぶ大作が登場します。

なお、展覧会の限定ガンプラとして「MG 1/100 ストライクフリーダムガンダム メカニックデザイナー 大河原邦男展Ver.」(税込6,480円)も発売される。

開催期間
2015年08月08日(土)~2015年09月27日(日)
休館日
詳細は公式ホームページをご覧ください
時間
10:00~17:00(入館は閉館30分前まで)
入場料
一般1,500円/高大生1,200円/小中生500円
会場
上野の森美術館東京都台東区上野公園1-2

会場URL
http://www.ueno-mori.org/
会場電話番号
03-3833-4191
詳細URL
http://www.okawara-ten.com/

Comments

comments