今回は癒し? 成分たっぷりの動物が出てくるアニメをピックアップしてみました!
動物アニメというとほのぼのした日常系が多いかと思われがちですが、今回紹介する作品はひと味もふた味も違います……!

ぼのぼの


1995年4月20日~1996年3月28日にテレビ東京系列『アニメ缶』枠内で放映。
独特な作風は子供を中心に人気を集め、現在でも根強いファンを持つ。
原作とは大きくかけ離れた基本的に純粋なギャグアニメーションとして製作されている。

スタッフ
原作 – いがらしみきお
企画 – 櫻井尚、田代敦巳
シリーズ構成 – やすみ哲夫
キャラクターデザイン・総作画監督 – 保谷有香
美術監督 – 渡部孝
色彩設計 – 斉藤裕子
撮影監督 – 吉田光伸
編集 – 古川雅士
音響監督 – 明田川進
音楽 – 三宅一徳
音楽プロデューサー – 松崎澄夫
音楽協力 – テレビ東京ミュージック
プロデューサー – 岩田圭介(テレビ東京)、兼坂勝利
アニメーションプロデューサー – 川人憲治郎
アニメーション制作 – グループ・タック
監督 – 難波日登志
背景 – スタジオじゃっく、スタジオユニ
録音スタジオ – アオイスタジオ
音響制作 – マジックカプセル
選曲 – 明田川仁
タイトル – 片山悟
現像 – IMAGICA
広報担当 – 久保夏実
制作担当 – 平田ユタカ
制作協力 – スタジオ・マーチ、プロジェクトチームサラ、シャフト、動画工房、スタジオジュニオ
製作協力 – B2プロダクション、竹書房
製作 – テレビ東京・アミューズ

声優
吉田古奈美
藤原啓治
小杉十郎太
田中真弓
ならはしみき
柳沢三千代
キートン山田
茶風林
横尾まり

コジコジ

『さくらももこ劇場 コジコジ』としてTBSほかで1997年10月4日から1999年9月25日の毎週土曜日17時30分から18時00分にかけて放送。
登場人物はメルヘンの国の住人とはなっているが、内容は必ずしも子ども向けではなく、内容的にも多少ブラックなネタもある。

スタッフ
原作 – さくらももこ
監督 – 高木淳
監修 – 芝山努、宮永正隆
キャラクターデザイン – 船越英之
キャラクター補 – 五月女浩一朗
絵コンテ・演出 – 高木淳、上原秀明、ほか
作画監督 – 五月女浩一朗、ほか
美術設定 – 高野正道
美術監督 – 鈴木聡
撮影監督 – 平田隆文、ほか
音響監督 – 早瀬博雪
音楽 – 島津秀雄
プロデューサー – 早船健一郎
企画・アニメーション制作 – 日本アニメーション
制作協力 – さくらプロダクション、アートランド
製作 – 日本アニメーション・TBS

声優
青木静香
高乃麗
石塚堅
石川大介

おるちゅばんエビちゅ

伊藤理佐の漫画、およびそれを原作としたアニメ。
いろいろ(著作権とか放送禁止用語とか)アブない。

スタッフ
原作 – 伊藤理佐
企画 – 庵野秀明 / GAINAX
監督 – 森脇まこと
構成シナリオ – 北条千夏、吉村元希
キャラクターデザイン・総作画監督 – 大橋幸子
美術監督 – 三浦智
色彩設計 – 関根栄子
撮影監督 – 川田敏寛
音響監督 – 明田川仁
音楽 – 南鳥山六丁目プロダクション
プロデューサー – 武田康廣、中山花世、加計晃、森尻和明、川人憲治郎
アシスタントプロデューサー – 福良啓
番組アイキャッチイラスト – 水玉螢之丞
アニメーション制作 – グループ・タック
製作 – GAINAX、パイオニアLDC、グループ・タック

声優
三石琴乃
富沢美智恵
関智一
岩田光央

しあわせソウのオコジョさん

『しあわせソウのオコジョさん』は、宇野亜由美の漫画『オコジョさん』を原作とするテレビアニメ作品。
ごくごく一般的な男子大学生がオコジョを飼うことになる。名前はなく、ただの「オコジョ」
オコジョの周りの人間・動物により色々とおかしい出来事が引き起こされるギャグアニメである。不条理な部分も多い。

スタッフ
原作 – 宇野亜由美『オコジョさん』(白泉社 月刊Lala掲載)
監督 – 山本裕介
シリーズ構成 – 西園悟
キャラクターデザイン – 岸田隆宏
デザインワークス – キムヒロミチ
美術監督 – 西川淳一郎→藤田勉
カラーディレクター – 川見拓也
コンポジットディレクター – 長牛豊
編集 – 後藤正浩
音楽 – 天野正道
録音演出 – 塩屋翼
プロデューサー – 具嶋朋子、板橋秀徳、植田基生
製作 – テレビ東京、創通映像、RADIX

声優
沢城みゆき
山崎雅美
小泉豊
加藤奈々絵

3丁目のタマ うちのタマ知りませんか?

『3丁目のタマ うちのタマ知りませんか?』(さんちょうめのタマ うちのタマしりませんか)は、毎日放送(MBS)を制作局としてTBS系列にて放送されたテレビアニメ。
ファンシー文具の人気キャラクター「タマ&フレンズ」からの派生作品。
3丁目に住む岡本たけしの飼いネコのタマが友達のネコや犬のキャラクターが次々に加わり繰り広げられていくストーリーである。
本作は、全体的に幼児向けアニメとしてのイメージが強く、大半の作品は、ほのぼのとした雰囲気の中で動物たちの楽しげな生活を描いた物である。
しかし作中では、「出会いと別れ(生と死)」といった描写がされることもしばしば見られる。

スタッフ
監督 – 前田庸生
製作 – 実方正徳、白川隆三
企画 – 佐藤宏一、肥田光久
コンセプト&キャラクターデザイン – 島田良一
キャラクターコーディネイション – 久岡健弥
音楽 – 都留教博
音響監督 – 田代敦巳
シリーズコーディネイション – 難波日登志
プロデューサー – 岡田忠明、蛭田とみ代、桜井宏
アニメーション制作 – グループ・タック
制作・著作 – ソニー・ミュージックエンタテインメント

声優
笠原弘子
椎名へきる
坂本千夏

動物アニメって癖になる……

こうやって集めてみると動物が出てくるアニメって一癖も二癖もありますね。
少しだけ童心? に帰る気持ちで上記アニメを観てみるのも面白いかもしれません!

Comments

comments